薄毛と思ったら

男性のある年齢に達すると気になり始める薄毛。早めに対処して、脱毛やハゲをなんとかして抑えたいものです。頭皮のケアなど色々しなければいけないことがあるのですが、 今回は食べ物で改善する方法を見ていきます。働き盛りの20代、30代は特に食事に拘っている暇がないのは良く分かります。お酒も飲みたいでしょうし、お昼にはジャンクフード とどうしてもそうなってします。しかし、若いうちから少しずつでも髪の毛に良いものを食べる習慣を付けることでその後の頭皮や髪の毛の状態が変わってきます。

できるところから習慣づけていきましょう。薄毛によくない食べ物には、糖分、塩分の多い食事。お菓子やジャンクフードはまさにそうです。刺激物の多い食べ物。

キムチやコーヒーなど。どれも男性の好むものばかりですが。そしてアルコール。肝臓にも負担がかかるのですが、負担をかけることで蛋白質を作らなくなってしまい発毛に影響が出てしまいます。その一方で薄毛に良い食べ物は、肉や魚類に含まれるたんぱく質です。乳製品や大豆などにも含まれるので、朝食に、牛乳や納豆を食べるのは薄毛にとっても効果的です。そしてビタミン類です。野菜、玄米などに含まれるのですが。これらは摂るのが難しいかもしれません。野菜ジュースなどで簡単に摂ると 良いです。それからコラーゲンや亜鉛が必要です。コラーゲンは納豆やおくらに含まれますし、亜鉛は牡蠣や魚介類に多く含まれます。 中には簡単に摂取できない食べ物もあるので、そこは休日にゆっくり食べることにし、毎日食べられそうなものをバランスよく摂取してください。

<特選サイト>
薄毛で悩んでいる方向けのAGA治療専門クリニックです・・・AGA

Copyright © 2014 薄毛に効く食べ物 All Rights Reserved.